乾燥肌 対策

乾燥肌 対策

多くの人の悩みの乾燥肌の原因、かゆみ、スキンケアなどについてチェックしてみました。

スポンサード リンク




<プライバシーポリシー>

乾燥肌 原因

  

乾燥肌とは


誰でも赤ちゃんの時から乾燥肌だったということはないでしょう。
赤ちゃんのころは、プルプルのベビー肌だったでしょう。
成長にしたがって、いろいろな原因によって、今のお肌があるということになります。



乾燥肌とは具体的にいえば
肌の角質層にある水分が30パーセント以下の場合を乾燥肌と呼びます。


角質層に含まれている、水分がなくなって保湿機能が低下した、乾燥状態が続くと粉をふくこともあります。
それから、かゆみがある場合も、乾燥肌だと言えます。


  

乾燥肌の原因


・季節的なことによる湿度の低下
・冷房、暖房などによる湿度の低下
・加齢による皮脂分泌の低下
・加齢によっておこる、発汗量が低下
・疾患が原因のことがあります。
・アトピーを始めとした体質が原因になっていることもあります。
・腎不全や、糖尿病が原因でなる場合もあります。
・化粧品が合わなかったことが原因のこともあります。
・刺激が強い化粧品が関係していることもあります。
・寝不足、ストレス、便秘、胃腸の不調などで、乾燥肌になることもあります。


  

肌が乾燥する仕組み



肌の表面には、角質層という細胞がつまった層があり、その外は皮脂が覆っています。

角質層の上に、皮脂があるのが基本です。
・角質層は水分を保ちながら、うるおいを保っている部分で、その上に皮脂があって、うるおいを守っています。
・その他に角質層にはバリア機能があり、内部にある水分が蒸発しないようにしています。
・更に角質層は保湿成分を自ら作り出すようになっています。
これが乾燥させないメカニズムで、いつも30パーセントの水分を含んでいるのです。


角質層のバリア機能は、「セラミド」と呼ばれる成分の量と関係があります。
セラミドは、角質細胞間脂質というお肌の角質細胞の間にあるする脂質で、角質細胞同士をぎゅっとつなぎ合わせています。
その中でも、セラミドは40パーセントの割合を占めています。
このセラミドが減ると、乾燥肌になってしまいます。
セラミド配合の乾燥肌対策用の化粧品があるということは、セラミドが重要な成分ということを表しているでしょう。


乾燥肌になると、つやがなくなり、なめらかさもなくなります。
カサつくようになり、肌が硬くなってきたりします。


硬くなってしまうのは、角質層が厚くなることが原因です。
角質層は、肌を外から守っているものなので、乾燥すると肌を守ろうという力がさらに働きます。
これにより、角質層がだんだんと厚くなっていきます。
正常な仕組み以外の角質層が出来てしまいます。


一度、乾燥し始めると、悪循環になり、乾燥が乾燥を呼んで、ますます肌が硬くなり水分がなくなってしまいます。
ですから、本来の姿に戻すようにすることも、乾燥への対策ということになるということですよね。


   

乾燥肌 化粧水

化粧水を、お肌の水分補給に利用するという対策方法は、とてもいいことです。


それから、洗顔したお肌は、清潔ですよね。

汚れが付いてしまう前に、化粧水で水分補給をしましょう
これでバリア効果が高まるので、角質層や、真皮層からの大切な水分の蒸発を止めてくれます。
洗顔で開いた毛穴を、化粧水できっちりと、引き締めることも乾燥対策には重要なことになります。
洗顔した後は、なるべく早めに化粧水をつけておきましょうね。


それから、化粧水が自分にあっているかも重要です。
化粧水も肌のタイプによって分類できます。
・乾燥肌用化粧水(ドライスキン)
・脂性肌用化粧水(オイリースキン)
・普通肌用化粧水(ノーマルスキン)
自分は、どの化粧水のタイプと合うか選択することが、肌を乾燥から守る対策の第一ステップになります。


それと乾燥対策の化粧水としては、やはり、コラーゲン配合とか、ヒアルロン酸配合とか、また、セラミド配合とかがお勧めです。

  

化粧水の基本的なつけ方


1.化粧水を両手につけたら、頬になじませるようにつけます。。
2.それから少しずつその位置をずらしながら、肌を軽く押さえて、ずらす、押さえて、ずらす、を繰り返します。
乾燥肌の場合は特に、じっくりと化粧水を浸透させるようにしましょう。
3.目元、口の周りなど、しわの気になる部分は、指の腹を使って、弱くこするように化粧水をなじませます。
4.額や鼻など、普段から油っぽい部分は、手に残っている余った化粧水をのばしてつけるだけで十分です。


これらの一連の事を、最低、3回は繰り返します。
丁寧にそして化粧水をたっぷり使うことがポイントです。

化粧水をつける時は、手で直接?、コットンを使ってパッティングしていますか?
手とコットン使用のどちらが良いのでしょうか?
以前はコットンでパッティングが主流だったようですが、
最近は、手でつける人が多くなっているようです。
コットンがお肌を傷つけることになるとうことで、エステサロンでも、コットンを使用していないところが増えているそうです。
そのほか、コットン使用の是非について、さまざまな意見があることも事実です。


 

乾燥肌 食事

毎日の食事で乾燥肌を改善することは可能です。
普段の食事に気をつけて、乾燥肌対策用の化粧品などを使えば効果もいっそう期待できるでしょう。


食事で出来る乾燥肌対策


・肌に良いとされている成分を、食事の時にたくさん摂取すること。
・肌によい成分ば、ベータカロチン(ビタミンA)です。
また、ビタミンC、必須脂肪酸など、これらを含んだ食材を積極的に食べるようにしましょう。
・ベータカロチンをたくさん含む食材は、緑黄色野菜が代表です。
・必須脂肪酸を摂取すること
・たんぱく質を摂る

 

ベータカロチンの働き


ベータカロチンは抗酸化作用が強いことで知られています。
乾燥肌対策以外にも、アンチエイジング効果もあるので、ベータカロチンは美容にとって大切な栄養素です。
ベータカロチンベータカロチンはさらに、皮脂をコントロールしてくれるので、乾燥を防いでくれます。
 
  

ベータカロチンが多い食材と食べ方


・緑黄色野菜
にんじん、かぼちゃを始め、おくら、ほうれん草、また、こまつな、チンゲンサイ、ピーマン、ブロッコリー、それから、パセリなど


・淡色野菜
キャベツや、はくさい、カリフラワー、それから、かぶ、ジャガイモ、レンコンなど


・食べ方
1日に緑黄色野菜を100グラム、そして淡色野菜を200グラムが理想です。
生野菜より、ビタミンが吸収されやすい、温野菜のほうがベターです。
スープなどにして、お野菜をたっぷり煮ることもオススメです。
根菜などでスープを作っておいて、食べ続けることもいいですね


 

必須脂肪酸の働き


体の細胞膜組織のなかで、主要になっている構成成分で、必須脂肪酸が足りなくなると、乾燥肌となってしまいます。
必須脂肪酸は、ホルモンの調整に関与しれいる他、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすと作用があります。
美容にも肌にも女子力アップにも、必須脂肪酸は大事です。

  

必須脂肪酸の多い食材


・青魚とよばれる、さんま、さば、いわしなどです。
・オリーブ油にも含まれています
魚をオリーブオイルで調理したメニューもいいですね。
魚料理は焼くだけなら簡単ですよね。
また、オリーブオイルを使って、ムニエルを作ることも、切り身を使えば簡単ですよね。
 
 

たんぱく質


たんぱく質も大切です。
ダイエット中でも、カロリーが低いササミや、豚モモなら大丈夫です。
これらのお肉も毎日、100グラムくらいは食べるようにしましょう。
海草や大豆製品もお肌によい食材です。
これらも、野菜や肉と同様に毎回のメニューに加えて、積極的に食べましょうね。


 


乾燥肌 クリーム

乾燥肌対策として、体に保湿クリームを塗っている人は多いでしょう。
乾燥肌用に作られているクリームは、ほとんどが体に油分を与えるためのものです。
顔の場合、目元、口元は、皮脂腺が少なく油分が分泌されないので乾燥が気になります
脂分が少ない場所は、クリームをたたきこむように塗ると効果的です。


・毎日のボディケアも、大切なことです。
・簡単な方法は、保湿成分が配合された入浴剤を入れお風呂もよいです。
・ボディケア用品は、クリームや、乳液、化粧水などいろいろあります。
・症状がひどい時は、膜をつくって水分が蒸発することを防いでくれる、「乾燥肌用クリーム」が最適です。
・クリームはマッサージするように、すり込むようにしながら、塗りこんでいくのが効果的です。
・体の中で気になる部分、かかと、ひじ、背中、肩などは、一度、体全体にクリームを塗ってから、さらに重ね塗りすると効果的です。


  

人気のボディクリーム


最近は、自然派ボディクリームが人気です。
自然素材のコスメは、お肌にやさしいし、天然素材でしたら、乾燥肌の方も安心ですよね。


●ロクシタンから出ている、ボディクリーム
シアバターをたっぷり配合してある製品で、
使い心地が、さっぱりとしていて、べたつかないところが人気です。

ロクシタン ボディクリーム
ロクシタン ボディクリーム シアバター


●スチームクリーム
クリームが一度、スチームされているので、クリーム自体がふわふわしています。
とても浸透力があり、べたつかず、しっとりとします。
↓↓
スチームクリーム


●妊娠線予防クリーム
妊娠線予防のクリームは、とにかく保温効果が優れているボディクリームです
乾燥を防ぐには効果的なものなので、妊娠とは関係なく人気があります。
↓↓
妊娠線 予防 クリーム


   

乾燥肌 対策 トップへ戻る