妊娠 男女産み分け

妊娠 男女産み分け

性別を選んで妊娠する、男女の産み分けについてチェックしてみました。

ネット通販の検索お手伝い > 妊娠 男女産み分け

男女産み分け方法

魔法の女の子産み分け術
魔法の女の子産み分け術


子供が欲しいって思った時、「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」と思うのは自然な事でしょう。

いろいろと欲しい理由はあると思いますけど。。。
でもそんなに都合よく赤ちゃんが生まれてくるわけはありませんよね
でも、もし妊娠する時に性別を選んで妊娠する事が出来るとしたらどうでしょうか。


生まれてくる性別を特に希望がある家庭にとってはとても嬉しい事ですよね。

性別を選んで妊娠する事を「男女の産み分け」と呼ばれています。
男女どちらかが生まれる確率は50%です。
その確率を少しでもどちらかの性別なる確率を上げるのが、実際的な「産み分け」ということになります。


妊娠についての知識



「産み分け」を成功させるためには、妊娠についてある程度、知識を持っておく事が必要です。
知識をもって性交渉する事で産み分け妊娠の成功確率がグッと増える事になります。



・妊娠して性別が決まるタイミング
性交渉して精子が女性の中に入った瞬間ではなくて、精子と卵子が受精したタイミングで性別が決まるということです。
そして受精卵は子宮に1週間もかけて移動して着床する事で「妊娠した」と言う事になります。
それから精子と卵子が受精するのには、排卵がないとダメですが、この排卵のタイミングは月経初日から約2週間後位といわれます。
ということは、平均的に月経の周期が28日周期とすれば、受精するタイミングは月に1回、年に12~13回位ということになります。
この排卵日を知っておく事も産み分けに関しても大切です。
それかから、受精したら必ず子宮内に着床するというわけでもなく、着床出来ずにダメになってしまう事も有ります。


着床出来る確率的には2~3割程のようで、受精したら直ぐ妊娠といえるわけではないです。
ですから産み分けをしたとしても絶対にそのタイミングで妊娠できるかはわかりません
こうみていくと意外と産み分け妊娠は難しいといえるでしょうね。


  

排卵日



産み分けをする方法はたくさんありますけど
何をするにしても排卵日をきちんと知る事が大切なポイントでしょう。
出来るだけ正確に排卵日を知る方法として排卵検査薬を使った尿検査があります。
自宅で手軽に利用出来ますし、産み分けでなくて単に妊娠したいと思った時にも有効的です。



排卵日かなと思う少し前からこの検査薬を使って検査していきます。
生理が始まってから10日位経った後から始めてみるのもより正確に排卵日を知るには良いかもしれませんね。


その他にも唾液で検査できるのもあります。
但し注意点がありまして、生理不順ではない人には有効だと言う事です。

   

性別が決まるシステム





卵子と精子が受精した瞬間に男女どちらかは決まってしまいます。
このことを知っておけば、産み分けが出来る可能性が高まるでしょう。
男の子が生まれるためにはY精子、女の子が生まれる為にはX精子が必要です。


人間の細胞は染色体と言う遺伝子情報ををもっているのがあって、23種類有ります。
1~22種類目までは男女とも同じ染色体の形をしていて、23組目で男女で違う形となっています。
男性は23番目の染色体はX染色体とY染色体、
女性は23番目の染色体はX染色体とX染色体の組み合わせになっています。
女性の卵子はX染色体だけです
男性の精子はX染色体とY染色体があります
つまり精子には男の子を作るY精子と、女の子を作るX精子があるということです。
精子が卵子と受精したとき、受精したのがY精子なら男の子、X精子なら女の子になります
ですから、性別を決めているのは男性の精子と言う事になります。

  

精子の特徴



・X精子(女の子)
女性の体内に入ってからの寿命が2~3日あって比較的長い寿命です。
重さがあって動くスピードが遅く、Y精子の数より少ないという特徴があります。

・Y精子(男の子)
女性の体内に入ってからの寿命が1日しかない
重さは軽いので動くスピードが速く、Y精子の数自体が多いので受精しやすいと言う特徴が有ります。


それから、膣と子宮の中の環境についても産み分けには知っておいて欲しい知識です。
膣は酸性で外部からの雑菌を守っていますが、状況によりアルカリ性にもなります。
アルカリ性に強い精子はY精子なので排卵日には特に有利に進む事になるのです。
更に女性が性交渉によってオルガスムスを感じる事で子宮内がアルカリ性になりますので、
排卵日に性交渉をする事で男の子が生まれやすいと言う事になるのです。
逆に子宮内部をアルカリ性にしないで酸性度合いを高める事、オルガスムスを感じずに排卵日よりも少し前で有れば酸性なのでアルカリ性に弱いX精子が有利となりますので、女の子を妊娠する可能性は高くなります。


    

産み分け 男の子

「男の子が欲しい」ときの行動は?
これには排卵日を特定させる事が一番大切でしょう
排卵日に性交渉をし、Y精子が受精しやすく男の子を妊娠しやすくするということになります。



排卵日を特定させる事が大切なのですが意外と難しいのが現状です。

ですが先ずは基礎体温をしっかりと付ける事から始めてみましょう。

そして体温が一気に下がった時が排卵日といわれます。
その時期を特定させるためにも、あるていどデータが必要ですから、出来れば3ヶ月位は継続して基礎体温を付けてみましょう。
大体このくらいの時期だろうと思って性交渉した場合、それが排卵日の少し前だったとしたら女の子を妊娠してしまう可能性が高くなります。
「産み分け」のためには、出来れば排卵日を特定する数ヶ月間は性交渉時には避妊をしておきましょう。


何故排卵日が大事かというと、男女の性別を決めるY・X精子の特徴からです。
排卵日に性交渉した場合、Y精子の方がスピードが早いので受精する確率がX精子より高くなります。
でも排卵前に性交渉した場合、排卵日になる前にY精子が寿命となってしまいX精子が残って受精してしまう可能性があります。


  

生み分け 男の子 コーヒー


コーヒーの中に含まれているカフェインが産み分けに効果が有ると言われています。

カフェインですので、コーヒーだけではなくて紅茶でも緑茶でも同様の効果を得る事出来るのです。
何故カフェインが男の子の産み分けに有効なのかですが
Y精子を活発にさせてくれる効果が有るといわれます
産み分けのためにこうした性質を利用してY精子を活発にさせる為に性交渉の前にコーヒーを飲んだ方が良いと言う訳です。


逆に女の子を妊娠したい場合はY精子の動きを活発化させない様にカフェイン摂取を控えて、性交渉前には特に飲まないようにすればいいでしょう。
このカフェインと精子の関係性はきちんと立証されているらしいです
でも産み分けは個人差が出てくるので絶対に産み分け出来るとはいえません。


 

産み分け 男の子 食べ物


食事制限で産み分けと言う方法が有ります。
仕組みとしては男の子のY精子がアルカリ性に強くて、女の子のX精子がアルカリ性に弱いと言う性質を利用します


女性の身体をアルカリ性。傾けていき、受精する際にアルカリ性に強いY精子だけが生き残りやすい身体の環境を作っていくと言う事を目指しています。
その為には男性はお肉や魚を主とした食生活にして、女性は野菜を主とした食生活をする様にしていく必要が有ります。


産み分けのために、男性は野菜を食べない様にして、女性はお肉や魚を食べない様にしなくてはいけないのです。
でもこれがストレスとなり、妊娠自体に影響する様になってきてしまうのです。


また身体をアルカリ性にずっと傾けている事自体に無理が有ります。
ですから食事だけで産み分けをしようと言う考え方は、オススメ出来ないと思います。


  

産み分け 男の子 グリーンゼリー


「グリーンゼリー」を使う事で男の子を産み分けする事が可能になるそうです。
これはゼリー状の物で、膣内に入れてアルカリ性の環境にします。
Y精子はアルカリ性に強い性質を利用し、男の子を妊娠したいときに使われます。
グリーンゼリーは産婦人科で処方してもらって購入するのが日本では一般的です。
使い方は産婦人科でも指導されると思います。
シリンジ(注射器)に指導された量のゼリーを取って膣内に挿入します。


膣内にシリンジごと入れるのですが、凄く流れ出やすい状態になっていますので流れ出ないように膣の入り口を上に向けるように腰の位置を高くしておく様にしてください。

   

産み分け方法【体位】




性交渉時の「体位」によっても男女の産み分けが出来るといわれます。
これは体位というより挿入時に深く入るか浅く入るかということになります。


膣内における分泌液が酸性かアルカリ性かといった所を利用することになります。
前提として膣内は普段はは酸性
男の子としてのY精子はアルカリ性に強く酸性に弱い
女の子としてのX精子は酸性に強くアルカリ性に弱い
挿入を浅くする事は膣内の酸性に精子が触れる時間が長くなるのでY精子が減りやすい状況になります。
逆に男の子を妊娠したい場合は、膣の奥深くに挿入すれば良いことになります。


また膣内は基本的には酸性ですが、女性がオルガスムスを感じることで酸性が弱まりアルカリ性になっていく事が分かっています。
ですから産み分けで男の子が欲しい時は、女性が感じやすいようにしいて
逆に女の子なら女性が感じにくい体位にすれば良いと言う事になりますね。


  

産み分け 女の子

「女の子が良いな」と思った時、どうすれば良いか。

Y精子が寿命が来て身体の中からいなくなった所で女の子が出来るX精子を卵子に受精させていくという流れになります。


そうした身体の環境と言うのは作ると言うよりは予測に基づくのですが、出来れば排卵2日前が良いと言われています。

2日前に性交渉して2日後の排卵日にはY精子は既に死んでいて、X精子だけが残っていると言う状態になると思いますのでX精子と受精して女の子が出来ると言う事になります。

こう考えると簡単じゃないかと思うかもしれませんが、排卵日の予測自体正確に把握することは難しいのに、2日前を予測するのは本当に難しいと言う事です。

また排卵日の前に性交渉しますので妊娠しにくいと言うデメリットも有ります。

こうした事を踏まえて女の子の産み分けをしてみてはいかがでしょうか。

  

産み分け 女の子 食べ物


食事制限による男女の産み分けは結構厳しいのが現実です。
少なくても3ヶ月前から夫婦で身体を産み分けに向けて整えていく必要が有ります。


それを食事で行う場合、男性は野菜を主とした食生活にしてお肉や果物類は控える
女性はお肉や魚を主とした食生活にして野菜や海藻類を控えるということになります。


しかし実際に行ってみるとこれでは栄養のバランスがメテャクチャで、長く続ければ続けるほど身体を壊してしまいます

この食事制限による女の子の産み分けは結構極端な方法だと思いますからあまりオススメは出来ないといえます。

  




産み分け 女の子 パーコール法


女の子の産み分けを望みたい場合、パーコール法と言う産み分け方法があります。

産婦人科で行うタイプの産み分け方法です。
簡単に言うと人工受精で妊娠させようと言う方法なのです
遠心分離機を使って精子をY精子とX精子に分けて、女の子が妊娠出来るX精子だけを卵子に受精してあげると言う方法になります。


ただしY精子とX精子の分離を100%の確率で出来ていないので、産み分けは必ず出来る保証はありません。

失敗する可能性も多いに有ります

   

産み分け 女の子 ピンクゼリー


「ピンクゼリー」を使う事で女の子の産み分けが出来ると言われています。

このピンクゼリーはゼリー状で、性交渉する前に膣の中に挿入して使います。
これで膣内を酸性の状態になりますからY精子がダメになりやすくX精子が生き残りやすい環境になります。


これで女の子の産み分けが出来ると言う事になります。
ピンクゼリーを利用して産み分けをしたいと言う場合には、産婦人科で処方してもらう事になります。


産婦人科ではきちんとピンクゼリーの使い方も指導してくれます。。
容器からシリンジ(注射器)にピンクゼリーを指導された量を取り出して使用します。


膣内に入れる時はこのシリンジのまま入れます。
ゼリーは流れ出てきやすいので膣から出てこないように腰の所にクッションなどで高くした状態でシリンジをいれましょう。
入れたゼリーは膣内に馴染ませるようにしますから、足を閉じてゼリーが流れ出ないようにしましょう。


性交渉で挿入時にはこのゼリーが出ないように、なるべく女性を刺激しないようにして行ってください。これで女の子を妊娠する確率が高くなるでしょう。
女の子産み分
女の子産み分

妊娠 男女産み分け トップへ戻る